国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

国連事務総長機墜落で証言

61年、ベルギー人操縦士攻撃か

 【ロンドン共同】英紙ガーディアンは12日、アフリカの北ローデシア(現ザンビア)で1961年に起きたハマーショルド国連事務総長(当時)搭乗の国連機墜落について、傭兵のベルギー人パイロット(2007年に死去)が攻撃し、撃墜したとの証言があると報じた。

 ベルギー領コンゴが60年に独立したのを機に起きたコンゴ動乱で、ベルギーの支援を受けた勢力がコンゴからの分離独立を宣言。ベルギー人パイロットはこの勢力を支援していたという。

 これまでにもこのパイロットによる撃墜説が指摘されたことがあったが、アリバイを主張していた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 2時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る