国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

志布志市議が高速169キロ走行

「おなか痛くて急いだ」

 高速道路で乗用車を時速169キロで運転したとして、鹿児島県志布志市の久井仁貴市議(28)が道交法違反の罪で鹿児島地裁鹿屋支部に在宅起訴されていたことが6日、分かった。起訴は10月29日付。久井市議は取材に「運転中におなかが痛くなり、トイレに行きたくて急いだ。公人の立場で法律を守れず、反省している」と話した。

 市議によると4月9日、私用で大分県の温泉へ一人で行く途中、大分市の東九州自動車道で制限速度を89キロ超過して走行。速度違反自動監視装置で検知され、発覚した。

 近く初公判が開かれる予定で、市議会は裁判結果を踏まえて処分を検討する。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る