国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

大槌町長に震災被災状況説明要求

職員遺族が会見、岩手

 東日本大震災の津波で犠牲になった岩手県大槌町の職員の遺族が6日、町内で記者会見し、平野公三町長に対し、死亡に至った被災状況を説明するよう申し入れた上、その回答まで旧役場庁舎を解体しないよう求めたと明らかにした。

 旧役場庁舎は震災の津波で被災。当時の町長や職員が多数死亡した。町は解体工事を始めたが、アスベストの調査が終わっていなかったことなどから中断。来年1月中旬ごろに再開する予定。

 平野町長も会見し「解体工事は粛々と続けていく」とした上で「今回初めて遺族から本音を聞けた。どう向き合うか考えたい」と話した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る