国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

サーロー節子さん、首相を批判

「違う意見でも会って」

 昨年12月のノーベル平和賞授賞式で、被爆者として初めて演説したカナダ在住のサーロー節子さん(86)が6日、首相官邸を訪れた。安倍晋三首相への面会を求めたがかなわず、西村康稔官房副長官と面会。終了後、「違った意見の人にも会って語り続けるのが、本当のリーダーシップではないか」と安倍首相を批判した。

 菅義偉官房長官によると、安倍首相が面会しなかった理由は「日程の都合」。代理として対応した西村氏に対し、サーローさんは「(核兵器禁止条約に)被爆国の日本がいまだに賛同していないことに、胸がつぶれる思いだ」と述べ、署名するよう訴えた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る