国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

京大、免疫性膵炎の原因物質特定

診療応用に期待

 体内の自分の抗体が誤って膵臓を攻撃し、糖尿病などを引き起こす「自己免疫性膵炎」で、抗体が攻撃し発症の引き金となるタンパク質をマウスを使った実験で突き止めたと、京都大のチームが8日付米医学誌電子版に発表した。

 この疾患は患部のコンピューター断層撮影(CT)画像が膵臓がんと似ていることから誤って手術され、膵臓が切除されるケースもあるという。

 チームの京大元医員で塩川雅広・神戸大特別研究員(消化器内科学)は「新たな治療法の開発のほか、抗体の量を調べることで、確定診断や治療効果の判定につなげたい」と話している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る