大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

豪雨被災日田市小野地区で稲刈り 「無事育って良かった」

 日田市小野地区の農家でつくる農事組合法人「小野谷」は14日、稲刈りを始めた。同地区は昨年、福岡・大分豪雨に襲われたが、水田の8割が被災を免れ、収穫できる見込み。組合は平年並みの収穫量を予想しており、「今年は出来がいい」と喜んでいる。
 豪雨で水田36ヘクタールのうち6~8ヘクタールに土砂や流木が入ったが、その他の田に植えた、わせのブランド米「つや姫」が実った。
 この日は三河町の23アールで役員がコンバインで刈り取り作業。美野英俊組合長(75)は「無事に育ってくれて良かった。待っている皆さんに届けたい」と話した。「おんたの郷(さと)米」と銘打ち、今月下旬から販売する。
※この記事は、9月15日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 11時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る