大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

愛媛に県職員派遣 豪雨からの復興支援

 西日本豪雨で被災した愛媛県の復興支援のため、県は9月1日から土木職員計5人を現地に交代で派遣する。本年度末まで。
 派遣されるのは土木事務所や都市・まちづくり推進課の職員ら。県庁で28日、広瀬勝貞知事が激励。代表して豊後高田土木事務所建設・保全課の加崎史啓主幹(49)が「人のために知識やスキルを役立てられるのは技術屋としてうれしい」とあいさつした。
 5人は2班に分かれ、愛媛県の西予土木事務所と南予地方局八幡浜支局で勤務。被災した河川や農地の調査、測量、設計などに当たる。
 派遣は地方自治法に基づき同県の要請に応えた。孤立住民の救助、給水補助など災害直後の短期支援は今月17日までに終了。中長期は今回が初めて。
※この記事は、8月30日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る