大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風20号 昼すぎ強風域の恐れ 気象台、警戒を呼び掛け

 非常に強い台風20号は22日、小笠原諸島の西南西の海上を北西に進み、23日午後にも近畿や四国付近に上陸する見通し。県内には同日夕から夜の初めごろに最接近する見込みで、早い所では昼すぎから風速15メートル以上の強風域に入る可能性がある。22日に最接近した台風19号は遠ざかったが、大分地方気象台は引き続き激しい雨や暴風、うねりを伴う高波に警戒を呼び掛けている。
 台風20号は22日午後6時現在、父島の西約410キロを時速約30キロで北西に進んだ。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側170キロ以内と西側110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。
 気象台によると、予報円の西寄りを通過した場合、県内は暴風域に入る可能性がある。23日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で▽南部 150ミリ▽中部 100ミリ▽西部 80ミリ▽北部 50ミリ。24日午後6時までの24時間は50~100ミリが見込まれる。23日にかけての1時間雨量は最大で南部40ミリ、中部30ミリ、北部、西部20ミリ。
 台風19号の影響でしけ状態になっている南部の海は、20号の接近に伴って23日明け方ごろから波がさらに高くなる。波の高さは南部6メートル、中部と北部3メートル、最大瞬間風速は海上、陸上ともに30メートルの予想。
 由布市庄内町高岡では22日、収穫期を迎えた梨農家が警戒を強めた。大塚梨園の大塚雅彦さん(65)は「幸い19号の影響はなかったが、傷が入ると売り物にならない。進路によっては暴風ネットを張ろうかと迷っている。何事もなければいいんだが」と心配した。
※この記事は、8月23日大分合同新聞朝刊19ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る