大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風19号大雨警戒を 20号は23日最接近か

 非常に強い台風19号は暴風域を伴い、22日朝にかけて鹿児島・奄美から九州の西の東シナ海に進む見通しだ。大分地方気象台によると、県内には同日明け方にかけて最接近する見込み。うねりを伴った高波や大雨に警戒を呼び掛けている。一方、強い台風20号は小笠原近海を北上しており、23日から24日にかけて西日本に近づき、上陸する恐れがある。19号通過後も警戒が必要。
 台風19号は21日午後9時現在、奄美大島の北北東約70キロを時速約25キロで西北西へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風域。
 気象台によると、県内は風速15メートル以上の強風域に入らないとみられる。最大瞬間風速は海上、陸上とも25メートル。波の高さは南部6メートル、中部4メートル、北部2メートル。
 22日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で▽南部 150ミリ▽中部 100ミリ▽西部 60ミリ▽北部 30ミリ。1時間予想雨量は最大で南部50ミリ、中部40ミリ、西部20ミリ、北部10ミリ。
 台風19号の接近に備え、佐伯市内では21日、船を係留する人の姿が見られた。
 葛港では自営業男性(65)が所有するプレジャーボートをロープで岸にしっかりと結び付けた。「今年はとにかく台風の数が多い。今回は二つ続けて来るので、何事もなく通過するのを願うばかり」と話した。
 台風20号は23日夕方から夜の初めごろにかけて県内に最接近する恐れがある。同日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で200~300ミリ。気象台は「19号が通過した後も大雨などへの注意が必要」と話している。

交通機関に乱れ
 台風19号の接近で県内は21日、交通機関に影響が出た。JRは日豊線の佐伯発南宮崎行き特急1本が運休。
 フェリーは佐伯・宿毛フェリーの全便、国道九四(佐賀関―三崎)と九四オレンジ(臼杵―八幡浜)、宇和島運輸(別府、臼杵―八幡浜)は一部の便が欠航した。
 22日はJRの南宮崎発佐伯行き特急1本が運休。海路は佐伯・宿毛と宇和島運輸の全便、九四オレンジは始発から4便を欠航する。
 県教委によると、22日までに県立高校17校と玖珠、九重両町の3中学で始業式があるが、21日午後4時現在、休校情報はない。
※この記事は、8月22日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る