大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

20号23日夕最接近 台風19号、けが人なし

 九州の西の海上を西北西に進んだ台風19号は22日未明から朝にかけて県内に最接近した。強風域には入らなかったが、交通は海路を中心に乱れた。県によると、けが人などの被害情報は確認されていない。強い台風20号は23日夕方から夜の始めごろに最接近する見込みで、大分地方気象台は引き続きしけや大雨に注意を呼び掛けている。
 気象台によると、台風19号の接近に伴い県内では佐伯市蒲江で22日午前5時49分に最大瞬間風速26・2メートルを観測。豊後高田で22・4メートル、中津で19・0メートルを記録した。各地の降り始め(20日午後7時)からの雨量は22日午前11時現在で▽宇目 90・5ミリ▽竹田 22・5ミリ▽犬飼 20・5ミリ。大分市は3・5ミリだった。
 佐伯市宇目木浦内の県道御泊奥江線では道路沿いののり面が高さ約1メートル、幅約2メートルにわたって崩れて道路に石などが流出。一時通行止めになった。
 19号は22日午前9時現在、長崎県五島市の南南西約290キロを時速約20キロで西北西へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内で風速25メートル以上の暴風域となっている。
 台風20号は22日、小笠原諸島の南西海上を北寄りに進んだ。予報円の西側を通る場合、県内は暴風域や強風域に入る可能性がある。23日正午までの24時間予想雨量は多い所で▽南部 180ミリ▽中部 100ミリ▽西部 80ミリ▽北部 30ミリ。24日正午までの24時間は100~150ミリが見込まれる。23日の波の高さは南部5メートル、中部2・5メートル、北部2メートル、最大瞬間風速は南部の海上で30メートル、陸上で20メートル、中部と北部の海上で25メートルの予想。

交通機関に乱れ
 22日、台風19号の接近で県関係の交通機関に影響が出た。
 フェリー各社によると同日、国道九四(佐賀関―三崎)と佐伯・宿毛、宇和島(別府・臼杵―八幡浜)が全便、九四オレンジ(臼杵―八幡浜)は午前の6便を欠航した。
 JRは、日豊線の南宮崎発佐伯行き特急「にちりん2号」が運休となった。
※この記事は、8月22日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る