大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風19号 22日未明にも最接近

 台風19号は21日、非常に強い勢力に発達して九州の南海上を北西に進んだ。21日夜から22日未明にかけて九州南部や鹿児島県奄美地方に接近する見込みで、気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するよう求めた。後続する台風20号は発達しながら23日から24日にかけて西日本に接近し、上陸する恐れもある。
 気象庁によると、二つの台風の影響で、西日本の太平洋側や東海は24日にかけて総雨量が多くなる。19号は22日に九州の西海上を北上し、23日未明には黄海に達する。
 19号は21日午前9時現在、鹿児島・奄美大島の東南東約280キロを時速20キロで西北西に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

宇和島フェリーが欠航
 台風19号の接近で交通機関に影響が出始めている。
 宇和島運輸フェリー(別府・臼杵―八幡浜)は21日、午前の一部を除いたほとんどの便を欠航。22日は全便欠航。
※この記事は、8月21日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る