大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

防災意識の 向上へ一役 18日、日田市でシンポ【福岡・大分豪雨】

 昨年7月の福岡・大分豪雨をテーマにした「防災シンポジウムin日田」(大分合同新聞社後援)が18日午後1時半から、日田市日の出町のマリエールオークパイン日田で開かれる。無料。
 九州大アジア防災研究センター長の三谷泰浩教授が特別講演。豪雨災害の教訓についてパネルディスカッションがあり、原田啓介市長、大分高専の工藤宗治准教授(地盤工学)、被災地域の住民が意見を交わす。
 コーディネーターは大分大減災・復興デザイン教育研究センター(サード)の小林祐司教授。
 県内の学生と市内の高校生が前日の17日に被災地を調査し、減災に向けた地域づくりなどを提案する。
 同シンポは県民の防災意識向上が目的。主催する大分大は「押し寄せる災害から何を学んできたのかを考え、次の世代に継承したい。多くの人に来場してほしい」と話している。
 問い合わせは大分大研究・社会連携課(TEL097・554・8533)。
※この記事は、8月9日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る