大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風12号 県内人的被害なし

 異例のコースを進む台風12号は30日午前、九州の西の海上を南寄りに進んだ。県内は風速15メートル以上の強風域を抜けた。暖かく湿った空気の影響で31日にかけて局地的に激しい雨が降る恐れがあり、大分地方気象台は土砂災害への警戒を呼び掛けている。県災害対策連絡室によると、人的被害は確認されていない。
 気象庁によると、台風は30日午前9時現在、鹿児島・屋久島の西北西約80キロを時速20キロで南に進んだ。中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。風速25メートル以上の暴風域はなく、中心から半径220キロ以内は強い風が吹いている。
 大分地方気象台によると、県内の31日までの1時間予想雨量は多い所で▽中部、南部 40ミリ▽北部、西部 30ミリ。31日正午までの24時間雨量は最大で南部150ミリ、中部130ミリ、西部100ミリ、北部50ミリが見込まれている。
 県災害対策連絡室などによると、29日午後、別府、中津両市と玖珠町で最大8世帯11人が避難したが、30日朝までに全員帰宅した。県内の一部の高校は30日に予定していた夏休みの補習を中止した。
 運航を見合わせていたフェリー各社は30日午前以降、徐々に運航を再開した。

※この記事は、7月30日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

ニュース

> 2018年7月30日(月)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る