大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

台風12号 夜に県内最接近 激しい雨警戒

 強い台風12号は西にカーブを描く異例のルートを進み、29日未明にかけて本州に上陸後、同日夜に大分県内に最接近する見通しだ。大分地方気象台によると、夕方から局地的に雷を伴った激しい雨が降り、30日にかけて大雨となる恐れがある。高波、土砂災害、浸水などに注意を呼び掛けている。
 気象台によると、県内は早い所で29日朝には風速15メートル以上の強風域に入るとみられる。台風は上陸後、勢力が弱まって暴風域を伴わない見込み。県内の30日午後6時までの24時間予想雨量は200~300ミリ。
 大分市佐賀関の佐賀関漁港では28日、漁船同士を連結し、ロープで岸にしっかり係留する様子が見られた。漁師の男性は「この台風はどっちから風が来るのか分からない」と心配していた。
 県は台風接近に備え、28日午後、災害対策連絡室を設置した。
 県内と四国、関西を結ぶフェリーは一部の便を除き、各社が29日全便の欠航を決めた。空の便など他の交通機関にも影響が出そうだ。

 気象庁によると、統計がある1951年以降、東海、近畿、中国を東から西に向かって横断した台風はないという。30日夜には九州付近で東シナ海に抜けるとみられる。
 今回の台風は中心付近だけでなく周囲に巨大な雨雲を従えているのも特徴。通過後も激しい雨が降る可能性があり、雨雲の動向に注意が必要。これまで激しい雨に襲われなかった地域でも大雨になる恐れがある。
 台風は28日午後9時現在、御前崎市の南東約60キロを時速約35キロで西へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の北東側130キロ以内と南西側90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。
※この記事は、7月29日大分合同新聞朝刊1ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る