大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

西日本豪雨、広島支援の警察官帰県「人ごとではない」

 西日本豪雨の被災地・広島県坂町などで支援活動に携わった大分県警の警察官8人が23日、帰県した。
 警察庁の要請に基づき、2部隊に分かれて出動。うち女性4人は12日から10日間の日程で同町などに入り、避難者の悩みなどを聞いた。他の4人は14日から呉市で活動。8日間にわたって市内をパトロールし、空き巣などの犯罪予防や事故処理に当たった。
 県庁で活動報告会があり、工藤秀幸生活安全部長が「被災地の励みになったと思う。経験を今後に生かしてほしい」と労をねぎらった。
 生活安全企画課の石川景子警部(45)は「大分県民も人ごとではない。備えの大切さをみんなに訴えたい」、地域課の釘宮一憲警部補(46)は「巡回することで被災者に安心感を与えられることができた」と話した。
※この記事は、7月24日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る