大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「笑顔を祈って」新たに38枚 小野地区の幸せの黄色いハンカチ

 福岡・大分豪雨で甚大な被害を受けた日田市小野地区の住民グループ「すずれ元気村」が8日、地区で「幸せの黄色いハンカチ」を新たに揚げた。被災から1年を節目に、真新しい38枚を追加した。
 「古里を忘れないで」との気持ちで、元気村は被災直後の昨年8月にハンカチを掲揚。場所は大規模土砂崩れ現場の近くで、グループが拠点とする古民家カフェ「谷のくまちゃん家(げ)」の前。
 新たに支柱を設置して掲揚。ハンカチには住民や地区外から応援する人に「みなさんの笑顔が戻るよう祈っています」などとメッセージを書いてもらった。1年たったものは色あせていたが、「風雨に耐えた」として残した。
 この日、住民6人が集まり作業した。風を受けてなびく鮮やかなハンカチを見上げて、メンバーの伊藤元裕さん(66)は「まだ心はしおれていないぞ」と力強く語った。
※この記事は、7月11日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る