エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

ミス・インターナショナル頂点にベネズエラ代表の20歳 マリエム・クラレット・ベラスコ・ガルシアさん

 世界各国・地域から選ばれた女性たちが“美の親善大使”として集う平和の祭典『2018ミス・インターナショナル世界大会』が9日、東京ドームシティホールで行われ、グランプリにベネズエラ代表の学生マリエム・クラレット・ベラスコ・ガルシアさん(20)が選出された。

【動画】世界の美女77人が参加した授賞式の模様

 受賞が決まると感極まった表情になり、クラウンとマントを前年のミス・インターナショナルのケビン・リリアナさんから渡された。きょうが誕生日でもあり、ミス・インターナショナル候補者からバースデーソングのサプライズも行われた。ガルシアさんは「これ以上の幸せはありません」と破顔一笑し「ベネズエラのみなさまに捧げます」と喜びを語った。

 授賞式後の囲み取材でガルシアさんは、あらためて誕生日を祝福されると「とてもうれしいです。今年が今までの人生で一番、最高の誕生日」としみじみ。賞金は300万円だが「賞金をいただくことを考えていなかったので」と使いみちはこれから考えるという。期間中に日本を周遊したそうで、「全ての経験が印象的でした。精神的にも文化的に成長することができました」と滞在を振り返った。

 普段はシモン・ボリバル大学で地球物理学を学んでいる。「子供への教育が将来の夢です」と今後の目標を語っていた。

 「ミス・ワールド」「ミス・ユニバース」と並び世界3大ビューティー・ページェントのひとつである同コンテストは1960年に誕生し、今年で58回目。外見的な美しさのほか、国際社会への貢献を目指す世界中のミスたちが、互いに交流を深めることを目的としており、今回は世界77の国と地域が参加した。

 この日は民族衣装、水着、イブニングドレス、ウォーキング審査が行われ、77人からファイナリスト8人を決定。最終審査は8人による1分間のスピーチで、審査員に最後のアピール。15人の中からベスト5を決めたほか、「ミス・ベストドレッサー」など特別賞も発表された。

 日本代表は過去、1970年に須田敏江さんが4位、2002年に漆島花さんが3位入賞。2012年の沖縄大会では吉松育美さんが日本初となる「ミス・インターナショナル」を獲得している。昨年は筒井菜月さんが5位だった。

■『2018ミス・インターナショナル世界大会』結果
1位 ベネズエラ代表 マリエム・クラレット・ベラスコ・ガルシアさん(20)
2位 フィリピン代表 マリア・アティサ・マナロさん(21)
3位 南アフリカ代表 レアベトスェ・セチョアロさん(24)
4位 ルーマニア代表 ビアンカ・ティルシンさん(19)
5位 コロンビア代表 アナベラ・カストロさん(21)

■特別賞
ミス・ナショナルコスチューム エクアドル代表 ミシェル・ウェットさん(23)
ミス・パーフェクトボディ キュラソー代表 ディオナ・アンジェラさん(22)
ミス・ベストドレッサー メキシコ代表 ネバイ・トーレスさん(25)

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る