エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

元SKE矢方美紀、乳がん治療は経過良好「充実している」 セルフチェックの重要性説く

 今年4月に若年性乳がんを告白し、左乳房全摘出・リンパ節切除の手術を受けた元SKE48の矢方美紀(26)が11日、都内で行われた乳がんセミナー『Know your Lemons』トークセッション前囲み取材に参加した。「今、放射線治療に入ったんですけど午前中に行って、お仕事に行ったりプライベートの時間にしたり、副作用とか具合が悪いとかもないので過ごしやすいです」と笑顔で経過良好を報告した。

【全身ショット】オレンジのロングスカートで登場した矢方美紀

 乳がん発覚はセルフチェックがきっかけだったという矢方は「自分でみた時に凹凸があるなとわかった。私の場合は乳がんのことをテレビでやっていたとき、年齢的には健診対象とは違うなと思っていたのですが、他人事ではないと感じてセルフチェックだったらお家でもできると、やってみたら今までなかったしこりがあった」と回顧。「日々のチェックが大事だなって」と早期発見の重要性を説いた。

 告知のときは「悪いものではないと思っていたので乳がんと聞いてびっくりしました。実際、自分ががんになるとは思っていなかった。年齢関係なく病気になってしまうんだな」と戸惑い、「ショックと言うより驚きというか、この先どうやって病気や治療と向き合うか不安が大きかった」と当時の心境を告白。

 そして現在は名古屋を中心にしたタレント活動とともに講演会などにも参加。「表に立つ仕事をしていたので病気になったらお仕事もできないのかと思ったけど、仕事と治療を両立している方もたくさんいると聞いて、病気と向き合いながらタレント業もしている感じです」と話し、「お仕事はできないかと思っていたけど両立できているので充実しているなと」と胸を張った。

  同プロジェクトは乳がんに関する基礎知識、定期検診の大切さ、自己検診の方法をセミナー形式で教える特定非営利活動法人・RFTC Japan(ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション)による教育啓蒙活動。取材にはRFTC Japanの鈴木咲子マリア氏も同席した。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 10時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る