エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

赤塚不二夫さん『もーれつア太郎』が2.5次元化決定 林明寛、もう中学生ら出演

 赤塚不二夫さん作のギャグ漫画『もーれつア太郎』が12月に東京・六本木の俳優座劇場で『もーれつア太郎 木枯らしに踊る花吹雪』として舞台化されることが14日、発表された。2.5次元舞台で活躍する林明寛、小沼将太、磯貝龍虎、伊藤優衣のほか、お笑いタレントのもう中学生が出演する。

【写真】同じ赤塚不二夫作品で2.5次元化された舞台『おそ松さん』

 『もーれつア太郎』は赤塚不二夫さんによる、江戸っ子のア太郎と田舎から出てきたデコッ八の2人が活躍する人情もののギャグ漫画。1967年から『週刊少年サンデー』(小学館)で連載がスタート。2度にわたりテレビアニメ化やドラマ化されている人気作品で、ニャロメをはじめとする個性豊かな動物キャラと繰り広げる日常が笑いと涙で綴られている。

 『もーれつア太郎 木枯らしに踊る花吹雪』は脚本・演出に櫻井智也氏、出演には林明寛、小沼将太、磯貝龍虎、山沖勇輝、伊藤優衣といった2.5次元舞台などで活躍している役者のほか、お笑い芸人のもう中学生の出演が決定。配役などは近日中に公開する予定となっている。

 公演は12月19日から24日まで。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る