エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

Zepp Fukuokaが12・7に2年半ぶり復活 こけら落とし公演はSMA大集結

 2016年5月に17年の歴史に幕を下ろした福岡のライブホール・Zepp Fukuokaが、12月7日に2年7ヶ月ぶりに復活することが発表された。こけら落とし公演は、1999年のオープニング公演および2016年の最終日にもイベントを行ったソニー・ミュージックアーティスツ(以下SMA)の所属アーティストがジャンルを超えて集結する。

【写真】2016年5月に奥田民生、PUFFYらが“お別れ”ライブ

 『SMAのド自慢』と題した公演には、SMAの所属アーティストが「これでもか!」と登場。奥田民生、ABEDON、PUFFYといったSMAの看板アーティストをはじめ、アキラ100%、ハリウッドザコシショウ、マツモトクラブといったお笑い芸人、さらにはVTRで土屋太鳳、二階堂ふみ、成田凌ら女優・俳優陣も出演し、Zepp Fukuokaの復活を盛り上げる。

 Zepp Fukuokaは、入居していた商業施設「ホークスタウンモール」の再開発に伴い、2016年5月に閉館したが、今年11月21日に同所跡地に開業する「MARK IS福岡ももち」に再出店。福岡エリア最大級の約1500人(スタンディング)収容可能としている。

 こけら落とし公演のチケット最速先行受付はきょう14日正午から、一般発売は10月20日午前10時スタート。

■『SMAのド自慢』出演者
ABEDON、上中丈弥(THEイナズマ戦隊)、OKAMOTO'S、奥田民生、CHEMISTRY、鈴木貴雄(UNISON SQUARE GARDEN)、チャラン・ポ・ランタン、堂島孝平、PUFFY、フジファブリック、八熊慎一(SPARKS GO GO)、Rei、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)

アキラ100%、かながわIQ、コウメ太夫、ハリウッドザコシショウ、マツモトクラブ ほか

▽VTR出演
倉科カナ、土屋太鳳、成田凌、二階堂ふみ、渡辺満里奈

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る