国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

AIで指名手配犯割り出し、佐賀

県警が地元企業と連携

 佐賀県警は12日、人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)を活用し、犯罪抑止力の拡充を図るための連携協定を、佐賀市に本店を置くソフトウエア開発会社「オプティム」、佐賀銀行と結んだと発表した。防犯カメラの映像から指名手配犯を特定する技術(PIPL)などで、犯罪者の検挙率向上につなげる。

 PIPLは、オプティムが開発し、特許を取得している技術。指名手配者などの似顔絵から抽出した特徴を持つ人物を、防犯カメラの映像などで特定できるという。

 AIによる金融機関での特殊犯罪防止は、実現されれば日本初という。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る