国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

泊原発の状況連絡は地震1時間後

北海道電、地元4町村に

 最大震度7を観測した北海道の地震で、北海道電力が泊原発の状況について泊村など立地・周辺4町村に連絡したのは、地震発生から1時間以上経過した後だったことが12日、各自治体への取材で分かった。北海道電と道、4町村が結んでいる安全協定などでは、震度5弱以上の地震が観測された場合、直ちに連絡すると定めている。

 9月6日午前3時7分に発生した地震で、泊原発は外部電源を喪失し、非常用発電機で使用済み核燃料プールの冷却を続けていた。4町村によると、北海道電からの電話で状況を把握したのは岩内町が午前4時8分、神恵内村が同13分、泊村が同20分、共和町が同21分だった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る