国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

がん疑い診断2度見落とし、愛知

治療開始2年遅れ

 愛知県がんセンター愛知病院(同県岡崎市)は11日、同県幸田町の60代男性のコンピューター断層撮影(CT)検査で、2度にわたり肺がんの疑いが指摘された診断結果を医師が見落とし、治療開始が遅れるミスがあったと発表した。適切に判断ができていれば2年早く治療できたとみられる。がんはリンパ節に転移、ステージ3に進んでいた。

 病院によると、2015年11月、大腸がん手術を受けた男性は、CT検査の診断報告書で経過観察が必要と指摘されたが、消化器内科の男性主治医(62)は確認していなかった。17年7月のCT検査でも「右肺に悪性腫瘍の疑い」との結果を主治医が見落とした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る