国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

宮城の復興願い自転車が疾走

ツール・ド・東北開幕

 東日本大震災で被災した宮城県の沿岸部を自転車で走り、復興を願うイベント「ツール・ド・東北2018」が15日、開幕した。16日までの2日間の日程で約4千人が参加。50キロから210キロまでの9コースから選び、被災地を疾走する。

 2013年から毎年開催。6回目の今年は、仙台市から塩釜港まで走り、遊覧船に自転車を積み込んで、松島湾の景色を楽しむ60キロのコースなどが新設された。

 3回目の参加という埼玉県和光市の会社員島田強さん(43)は「震災後にボランティアで気仙沼を訪れた。年々真新しい建物を目にする。沿岸部の復興が進んでいく姿を見たい」と話していた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る