平成30年度 大分合同新聞納涼花火シリーズ

杵築会場 8月16日(木) 20:00スタート!詳細はこちら

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

女川町新庁舎がお披露目、宮城

高台移転、災害拠点にも

 東日本大震災から7年5カ月となる11日、津波で庁舎が被災した宮城県女川町が、高台に再建した新庁舎を町民にお披露目した。併設された音楽ホールは災害時、避難場所や支援物資の仮置き場に活用するなど、対策拠点の機能も備えている。新庁舎での業務は9月25日から。

 町によると、新庁舎は鉄骨3階建て。傾斜地にあり、津波が来た時には庁舎より低地にあるJR女川駅や商店から、高台にある住宅地側への避難ルートにもなる。

 一時預かりもできる子育て支援センターや図書室もあり、延べ床面積は約8390平方メートル。総工費約42億9千万円の大半は補助金など国の財源で賄った。


OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る