国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

微小物質使い難病腸炎改善

阪大がマウスで実験、新薬に道

 慢性の炎症や潰瘍により下痢、腹痛に悩まされる炎症性腸疾患(IBD)を、マイクロRNAという微小物質を投与して改善することにマウスを使った実験で成功したと、大阪大の山本浩文教授(消化器外科学)のチームが10日、発表した。新薬開発につながる可能性があるという。

 IBDの代表的な疾患は、いずれも難病指定されているクローン病と潰瘍性大腸炎で、詳細な原因や発症メカニズムは分かっていない。

 マイクロRNAは細胞内から分泌され、さまざまな生体機能を調節している。チームは炎症の原因物質の生成を抑制できるものを、炎症を引き起こす司令塔役の免疫細胞内に入れようと考えた。


OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る